上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
駅の将棋倒しで、スキー板が人を串刺しにするという、信じられない事故。
でも、最近、ありえないと思ってることが起こることが多々あるので
こういうことが絶対に無いとは言えないとこが恐ろしい

なんか1話、2話、3話と、どんどん話が重くなっていく気がします。

2nd seasonは、ドラマの最初と最後に、フェローのナレーションが入るんだけど
これがなんとも外国の映画っぽい。
ぴぃの抑えた語りが、すごくいいですね~
ヘッドホンでボリューム上げて聴きたい感じ。

「たとえ残酷な事実だったとしても、真実を伝えるのが医者の仕事」

ツル…もとい、松井さんに藍沢が説得する場面は、まさにこれでしたね。
低音で、落ち着いたゆっくりした口調で、説得力ありました。

この説得にいたる、ドクターたちのこそこそ話で
「おまえならどうする?」
と訪ねられて、迷い無く冷静で的確な返事をする藍沢は、
1st seasonの藍沢をちょっと思いださせました。

でも、もう助からないとわかっていながら
淡々と無表情で心臓マッサージを続ける藍沢に泣けました。
橘先生が止めなかったら、いつまでやり続けたのか。

「あなたは役立たずなんかじゃない
 あなたが2人を守ったんだ」

悲しみの表情で松井さんに語りかける藍沢。
そして、一度ひらいた胸を閉じるなんて…前の藍沢では考えられないね。


日没が近くなり、電車で帰る藍沢と白石。
電車の中で人目も気にせず泣きじゃくる白石の前にそっと立って隠してあげる藍沢…
もうここでキュンキュンですよね。
そして、遠くを見つめるその横顔
なんて美しいんだ…

ぴぃの横顔って、ほんとうにキレイだと思う。
オデコから、鼻、そして口、あごへのライン。
完璧だと思います。
少女漫画に出てくる男の子の横顔のラインだよなーっていつも思うよ。
私、ちょっと漫画書くので、よくわかるんです。


「嘘をつくなら、いっそつき通してほしい」

これは、おばあちゃんにも言えることなんだね。
藍沢パパ@リリーさんの登場で、真実が明らかになる!?

リリーさんが父親だというベタな展開は無いだろうと思ってたけど
正攻法で来ましたね~

最後のぴぃの「父さん・・・」って表情にヤラレました
ほんとうにステキ。


藍沢、ほんとうにセクシーです。
顔はやせたけど、身体は相変わらず
ユニフォーム(って言うのか?)からのぞく首筋、腕、
でも何より私は背中に色気を感じます。
適度に筋肉がのってる感じが服の上からでもわかる。
あの髪型も大成功だよね~
なんか「デキる」ってイメージだよ。


重いストーリーの中で
森本先生と藤川のやりとりが、なんとも和む
それが浮く事なく、うまく繋がってるよねえ。


テレビ誌によると
4話ではイライラ藍沢みたいですね。
なんかそういう感情をむきだしにする藍沢が想像つかなくて、楽しみです






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naorunews.blog37.fc2.com/tb.php/277-000de38e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。