上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「1番目に覚えたこと…救命の世界に、奇跡は無い。
 2番目に覚えたこと…患者を前にして、奇跡を願わない医者はいない」


藍沢のセリフ、深い。



1話目から、とてもクオリティの高いドラマでした

ハラハラさせて
笑わせて
考えさせて
泣かせて

完全に、ドラマに惹き込まれてしまい
あっという間の1時間10分でした。

やはり続編ということもあって
最初からなんとなく安心して見れる。

前作より、人間ドラマ色が濃くなった気がする。
フェローもそれぞれ成長して
白石は優しさに強さがプラスされ、
藤川は…変な自信がついたような(笑)
ヒゲは黒田チルドレンの証だったのね。
緋山は相変わらずだけど、
自分の身体に不安をかかえて…
これは精神的に辛いよね。
冴島は、残り少ない恋人との時間をより大切に過ごそうとしてる。

そして藍沢。
こちらは相変わらず冷静でデキル男な感じだけど
白石とは逆に
強さに優しさがプラスされて…
おまけに色気も増して(←ここ重要)最強
今回の髪型、超ストライクです。


冷たい川に入って、
寒そうな素振りひとつしないのは、さすが

その後の心マの時に
フライトジャケットの袖をはずして
のぞいた二の腕にドキドキ
いやあ、こんな重いドラマで不謹慎ですが
もう二の腕に釘付けなんですけど

そして、片手での心マ。
あああ、藍沢なんてカッコイイの???
いつも近くにいる冴島がなぜ惚れないのかが不思議やわ(笑)

子どもの心臓が動き出した時に
もう助かったのかと思ったのに…

結局自分が蘇生したせいで、
植物状態になってしまうことを後悔する藍沢。
前作の中盤までの藍沢なら、絶対に無かった事だね。
これは成長って言うより、変化かな。

でも、子どもは回復の兆しをみせた。
子どもの回復力って、本当に奇跡的だって話はよく聞きますよね。
私の知り合いでも、10歳まで生きれたらいいと言われてた子が
病気が治ったわけではないけど、今は高校生ですよ

藍沢が子どものお母さんに
「また奇跡が起こるかもしれない」(←言葉ははしょってますが
ってことを言う時の、話し方がすごく良かった。


冴島の恋人が
病気に奇跡は起きないけど、
自分にとっては毎日が奇跡の連続…って話したことにも感動しました。
健康でいられることのありがたさをもっと感じて
毎日を大切に生きないとなあって思いました。


藍沢とおばあちゃんとのやり取りも、良かった。
さりげない藍沢の優しさにキュンキュンですわ


とにかく、
初回から連ドラの一回というよりも
SPぐらいのボリュームがあったと思います。
脚本も最高。
ぴぃ、いいドラマに恵まれてますね。
ぴぃ担は幸せだ~


リリーフランキーも、徐々に出番が増えそうだし
これからのストーリー展開がとても気になります。

来週がもう待ちきれない







 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naorunews.blog37.fc2.com/tb.php/261-086e2d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。