上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日はめっちゃ信頼してるお姉さんCちゃんと久々飲み
三宮『めばえ』にて。
090919_1825~010001
これは付き出しの、緑豆のお豆腐。
鴨ローストがのっててあんかけで、美味
お料理はこんな感じで見た目にも楽しく、どれもこれも美味しかった~

めっちゃ嬉しいのが、焼酎お湯割りをオーダーすると
湯のみ、焼酎、お湯を 別々に持って来てくれるの。
自分の好きな割合で割って飲めるし
1つ頼んだら2杯分ほどあったし。

日本酒もいろいろあったし、酒好きにはたまらんお店でした。



さてさて昨日の続きです。

コンサート会場に入ってきて、莉子と目が合い、敬礼する直輝。
この2人の間の敬礼の挨拶、いいよねえ
若いカップルの間で流行るか??

…いやしかし、ゆっくり敬礼とかしてる間に早く座ってください
ただでさえ松葉杖やのに

演奏会は大成功。
涙ぐむ莉子のご両親。
音楽で食べていくって大変なことやもんね。
うちは弟がまさにそれなので
このご両親の気持ちがとてもよくわかって、グッと来ました

ロビーで話す直輝と莉子の2人は、とてもキレイでしたね~
莉子は彰の父ちゃんに、軽井沢でのオーケストラに誘われたようですが
1年は帰ってこれないってことで、直輝に会えなくなるからと断るつもりの莉子。
でも直輝は、複雑な表情。
そりゃそうだよね。
夢を追っていこうぜ、って約束をしたのに
自分のために叶いかけている夢を捨てようとする莉子…それはちゃうやろ

実際は、直輝に会えなくなるから…というよりは
菜月の存在が怖かったようです。
わかるんだけどなあ~
でもそれでダメになるなら、それだけの関係だったってことなんだけど。
目の前のものしか見えなくなるもんなんだよね

いつもの公園で足を引きずりながらもシューティングする直輝。
なにか迷いがある時は、シューティングするんだね。
気持ちはわかる

公園に出てきた莉子に
『ノーメークだ。その顔が一番好き』
こんなこと言われたら、嬉しくてたまらんよね

『今のオレの夢を支えてくれてるのは、莉子なんだよ。
 だから、莉子にも軽井沢行ってほしい。
 莉子にも夢を追い続けて欲しい。
 離れてても、ずっと莉子のことを応援してる。
 オレも莉子の一番のファンなんだよ。
 かんばろうぜ。
 オレたちさ、もう夢みてるだけじゃいられない歳になってきたけど
 ちゃんと現実と向き合わなきゃいけない年になってきたけど
 オレたち最後まで諦めないでがんばろう。
 行って来い!』


このセリフ、感動しました。
ぴぃの感情を抑えながらの語り口に胸がつまりました。
ベタな展開~ってわかってながらも、涙が出たよ

『離れていても、莉子がいると思うと強くなれる』

菜月のことで自信がないとか言ってた莉子も、
ここまで言ってもらったらふっきれるってもんです。

別れが辛くなるから、もう会わないという莉子。
涙で、でも笑顔で敬礼。
それを何も言わず見つめる直輝。

あー、今思い出して書いてるだけで涙が~

莉子の後姿を見送りながら
一粒涙を流す直輝…
ぴぃってほんとに上手にキレイに泣くよねえ~
24時間の時も、同じように泣いててびっくりだった
素でも芝居でも、美しく泣けるなんて…さすがだ~

しかし忘れ去られたコタロウはどうなるんだ??



いやあ、ほんまにこのドラマ
若いっていいなあーってつくづく思います。
いいなあっていうのは、羨ましいとかではなくて…
こんな気持ちになったことあったなあ、わかるなあって
すごーく懐かしく思えるの。
簡単に感情移入できてしまうもんね。
ありえない非現実的な物語ではなく
どこかにありそうな話っていうのがまたいいんだよね。


いよいよ明日は最終回。
しかーし、テンションさがるのが
今日の夜中か九州に向かって旅立ちます。
明日は1日法事やらなんやらでいそがしく
番宣はもちろんのこと、ドラマも見れるかどうか…

HDDさん、ちゃんと動いてくれよ~

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naorunews.blog37.fc2.com/tb.php/152-1a074fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。