上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コード2の7話のレビューまだしてなかったですね

っていうのも、感想が難しくって…
最初の、フェローの飲みシーンは面白かったです。
酔っ払ってからむ白石は可愛かったし
酔っ払っても終始無口な藍沢は、なんか笑えたし。
黒いシャツの藍沢がセクシーで
あんなステキなお医者さんに処置してもらうの、ちょっと困る

で、白石も藍沢も、翌日何を言ってたか覚えてないって話だったけど
実はお互いに、ちゃんと覚えてたんだよね。
なんとなく、いい感じになってきた2人…
でも、白石が酔っ払って藍沢の肩を抱いた時、
どうも白石の肩幅の方が広い気がしたのは私だけ??(笑)


緋山の涙や、冴島の涙には共感しました。
一時の感情に流されて、冷静さを失ってたことを後悔する緋山。
白石に慰められて、涙を流すところなんて、こっちまで悲しくなった

冴島も、張りつめていたものが切れたように、
道を歩きながら泣くシーンは、思わずつられました。

久々の外での処置シーン。
ハイラーツイスト?あんなことできるんですね
自分のせいで登山客がケガをしたと、自分を責めるガイドの男の子を
厳しく諭す藍沢に萌え
あの時の顔がまた美しい
ぴぃがメールで、スカッとする展開って言ってたのはこのシーンだよね。


でもね、なんか理解できないのが、藍沢のエピ。
お母さんは子宮を摘出したことで、精神的に不安定になったの?
なんで自分を責めないといけないの?
子どもができる前ではなく、耕作を産むことができたのに。
仕事も子育てをしながらは無理みたいに言ってたけど、そのことも関係あり?
どうもわからない…
どなたか、解説していただけますか~??

子どもを持つ私からすると
子どもができるまでは、色々と考えたとしても
妊娠して、産まれてしまえば、子どもって何にもかえ難い存在のはず。
極端に言えば、この子さえいたらあとは何も要らないって思えるんじゃないかなあ。
精神的に病んでたのかもしれないけど
そこに至る経緯がイマイチ説得力が…まだこれからわかっていくのかな。

それと、嘘をつき通そうとするおばあちゃんの気持ちはわかるんだけど
お父さんはなんで今さら全てを藍沢に打ち明けるのかな。


コードって、スーパードクターものじゃなく
フェローがみんな色々と抱えてて
それがまた共感できたりするんだけど
どうも藍沢のエピだけが、共感しかねるんだよな~
なんかこの前の最後の、塾でのお父さんとの会話が
私的には、すっごい気持ち悪いというか、消化不良な感じでモヤモヤと終わって
ここの感想もなかなか書く気が起こりませんでした

これからまだ藍沢の過去は色々出てくるのかな。
もう小出しにしないで、スパッと終わって欲しいんだけど…
引っ張りすぎな気がするんです。
あ、これは私が単にせっかちだからですね


もう明日から3月…
今月でコードも終わっちゃいますね。
終わって欲しくないなあ







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。