上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終わってしまいました
なんかドキドキする最終回で、ドッと疲れました…

今はとても内容について感想が言える状態じゃないけど
とにもかくにも、藍沢が美しかったなあ~
11回のうちで、一番きれいだったんじゃないかと思いました。
特に、壊れた機内で男の子を助けるシーン
お墓参りのシーン
最後の、脳外科のユニフォームのシーン

…って、全部やん(笑)


藍沢が脳外科に行くとはね~
私の予想としては、海外に飛ぶかなあとか思ってた。
脳外科で経験を積んで
また救命に戻っていくんだろうな。
そして、緋山も無事フェロー卒業して
何年後かに3rdシーズンですね

次は、ぜひとも森本先生に幸せになって欲しいと願ってます。
で、コードには、あんまり恋愛は絡めて欲しくないのですが
藍沢のあまりの禁欲ぶりが気の毒で(笑)
白石とちょっといい感じになってましたが…
ドラマ上には出てこないけど
誰にも気づかれないように冴島と付き合ってる藍沢とかどうですかね
3人の女子の中では一番お似合いだと思うんだけど。
藤川先生、完全に立場なくなるね

藤川先生といえば、
一番いいお医者さんになりそうな気がします。
でも、救命よりも町医者の方が向いてるような気が


ぴぃは、このビジュアルのまま、ジョーの撮影に突入ですね。
髪型どうなるんだろう…
その前に、さくらガールのプロモ
番組の改編時期で、歌番組も変則的になっちゃってるし
いっぱいテレビで見たいです
[はあ~。終わった。]の続きを読む
スポンサーサイト
コード2、今朝オールアップしたんですね~
キャストの皆さんも、スタッフの皆さんも、お疲れさまでした
今回は寒い中、天候も荒れた事もあったし、かなり過酷な撮影だったと思います。
ぴぃもホッとしたことでしょうね~
息をつく暇もなく、新曲のプロモがあったり、ジョーの撮影もすぐ始まるんでしょうが…

今頃フライトナースの番組やってるよね
うちは見られるテレビは1つなので、
今はパイレーツ放映中です…

明日はめざましにぴぃたち生出演しないのかな?
クランクアップ映像は来るかなあ。
今のところ確定はいいともだけみたいですね。






野球解説者の大島康徳さんのブログで、
ビストロぴぃのことを書いてくださってます。
これがなかなか嬉しくて…

『出しゃばらずもの静かで
 先輩に対しても媚びることはなく
 でいながら、礼儀はわきまえているし、
 自分の言葉で語ることが出来る。
 そして、その言葉使いも美しい。』

これって、すごく頷いてしまったんですけど

奥様が木村くんファンで
ぴぃもいいと思ってくださってるようで(これでいいかな、笑)
前にもぴぃのことを書いてくださってまして。
私、今はまったくプロ野球見ませんが
小学生から長年ドラゴンズのファンだったんです。
私が5年生ぐらいの時かな?
大島さんて中日が優勝した時の主力メンバーで
それからも長い間ずっと活躍されてて
そんな方に、ぴぃがほめてもらえるなんて、なんかすごく感慨深い…




今日は『噂のモーガン夫妻』見に行ってきました。
ヒュー様、私の元彼と言っても過言ではない(もちろん今彼はぴぃでございますよ、笑)
チャーミングなダメ男を演じたら世界一のヒュー様
彼の映画はほとんど観てます。
今でこそ、ロマンティックコメディの帝王って感じですが
デビューの『モーリス』は、なかなか過激な内容で…
若かりしヒュー様は、それはそれは美しくて

今日の映画もお約束どおり、ヒュー様の魅力いっぱいの映画でしたよ。
ストーリーはちょっと強引な感もあったけど
くすっと笑わせてくれるセリフがところどころに散りばめてあり
爆笑するシーンもあり…
なにより、悪いやつがやられてハッピーエンドという、スカッとするストーリーだし。

でも、やっぱヒュー様、アメリカよりイギリス映画との相性の方がいいような気がしました。
また「ノッティングヒル」「ブリジットジョーンズ」「フォーウェディング」などのスタッフとの映画が観たいなあ…



そして、ぴぃのチャーミングなダメ男役も、見てみたいなあって思いました




コード2の7話のレビューまだしてなかったですね

っていうのも、感想が難しくって…
最初の、フェローの飲みシーンは面白かったです。
酔っ払ってからむ白石は可愛かったし
酔っ払っても終始無口な藍沢は、なんか笑えたし。
黒いシャツの藍沢がセクシーで
あんなステキなお医者さんに処置してもらうの、ちょっと困る

で、白石も藍沢も、翌日何を言ってたか覚えてないって話だったけど
実はお互いに、ちゃんと覚えてたんだよね。
なんとなく、いい感じになってきた2人…
でも、白石が酔っ払って藍沢の肩を抱いた時、
どうも白石の肩幅の方が広い気がしたのは私だけ??(笑)


緋山の涙や、冴島の涙には共感しました。
一時の感情に流されて、冷静さを失ってたことを後悔する緋山。
白石に慰められて、涙を流すところなんて、こっちまで悲しくなった

冴島も、張りつめていたものが切れたように、
道を歩きながら泣くシーンは、思わずつられました。

久々の外での処置シーン。
ハイラーツイスト?あんなことできるんですね
自分のせいで登山客がケガをしたと、自分を責めるガイドの男の子を
厳しく諭す藍沢に萌え
あの時の顔がまた美しい
ぴぃがメールで、スカッとする展開って言ってたのはこのシーンだよね。


でもね、なんか理解できないのが、藍沢のエピ。
お母さんは子宮を摘出したことで、精神的に不安定になったの?
なんで自分を責めないといけないの?
子どもができる前ではなく、耕作を産むことができたのに。
仕事も子育てをしながらは無理みたいに言ってたけど、そのことも関係あり?
どうもわからない…
どなたか、解説していただけますか~??

子どもを持つ私からすると
子どもができるまでは、色々と考えたとしても
妊娠して、産まれてしまえば、子どもって何にもかえ難い存在のはず。
極端に言えば、この子さえいたらあとは何も要らないって思えるんじゃないかなあ。
精神的に病んでたのかもしれないけど
そこに至る経緯がイマイチ説得力が…まだこれからわかっていくのかな。

それと、嘘をつき通そうとするおばあちゃんの気持ちはわかるんだけど
お父さんはなんで今さら全てを藍沢に打ち明けるのかな。


コードって、スーパードクターものじゃなく
フェローがみんな色々と抱えてて
それがまた共感できたりするんだけど
どうも藍沢のエピだけが、共感しかねるんだよな~
なんかこの前の最後の、塾でのお父さんとの会話が
私的には、すっごい気持ち悪いというか、消化不良な感じでモヤモヤと終わって
ここの感想もなかなか書く気が起こりませんでした

これからまだ藍沢の過去は色々出てくるのかな。
もう小出しにしないで、スパッと終わって欲しいんだけど…
引っ張りすぎな気がするんです。
あ、これは私が単にせっかちだからですね


もう明日から3月…
今月でコードも終わっちゃいますね。
終わって欲しくないなあ







4話は、私、10分に一度は泣いてたと思います。
藍沢が愛しすぎて…
橘先生に共感してしまって…
冴島のまっすぐな思いに感動して…
2ndになってから、毎回泣き所があるよね。


4話目にしてやっとでてきた、藍沢のサービスショット
やっぱりぴぃは背中がめっちゃセクシー
筋肉の動きがキレイなんやもん…

看板が頭にあたって運ばれてきた妊婦さん。
あの状況で、イケメン見分けるなんてめっちゃ冷静。
しかもちゃっかり手を握ってもらってさ~
あの時の藍沢の、嫌そうな握り方に、萌え

そっからずっと、イライラ藍沢ですよ。
おばあちゃんも、父親のことはっきり言わないし。

24週で早産した母親に
「お前みたいな親ならいらない。
 子どもは産み落とされれば一人でも生きていくんだ」
なんてキツイひと言も。
どS藍沢、ステキ

相変わらず、藍沢の目を盗むようにして、
リリーさんパパはおばあちゃんを訪ねてきてるようです。
藍沢の、指先をこするクセは、父親ゆずりのようで。

「あの子は、優秀じゃなきゃ人から必要とされないと思ってる」

藍沢が名医を目指すのは、そういう事が根底にあるからなんですね。
なんか悲しいというか、切ないというか…

「親が欲しいと思ったことは一度もない」
と藍沢は言うけど、小さい頃はそんなことはなかったはず。
「この子は生きようとしてるんだ。たった一人で」
保育器に入った赤ちゃんと、自分を重ねてるんだろうな。
保育器越しの藍沢の表情が、なんともいえないです。

「あたしに育てられるかな」
っていう若い母親に対して
「授業参観は行けるときだけ行けばいい。
 運動会は少し無理してでも行ってやれ。
 担任の先生とする二人三脚は辛い。」

なんかここでも涙してた私…
涙しながらも、
(藍沢と二人三脚ならいくらでもしてあげる)とか思ってた私(笑)

「一緒にいさえすればいいんだ。
 ただ子どもと一緒にいてやれば、それだけで」

親が欲しいと思ったことは無いとか言っておきながら…
やっぱ寂しい思いをしてきたんだよね。

「先生みたいに育って欲しいもん」
って言われた時の、なんとも複雑な表情。
いいなー、ぴぃの演技。



妊娠24週にトラウマがある橘先生。
フェローのこと繊細だって言ってたけど
橘先生もたいがいだよねえ(笑)

でも、私は黒田先生より好きです。
誉めて伸ばすタイプ?
言われたら嬉しいひと言を、いいところで言ってくれるよね。
1話目では胡散臭い人だと思ったけど、言葉に裏は無さそう。
何より、黒田先生より、画面が華やかやわ


白石と、緋山の連携プレーや、
おかまちゃんバーで騒いでる二人も微笑ましかった。
緋山が白石に言った言葉が良かった。
「一人でできることなんてたかが知れてる。
 何でも一人で抱え込まないで」
仲間ってありがたいね。



過ぎ去った日は決して戻ってこない。
そして、取り消す事もできない。
自らの生きた今が、明日には過去の思い出となる。
つまり、過去の自分の生きた証しだ。

いつも、ぴぃのナレーション、心に染み入ります。


来週は、とうとう冴島の彼が亡くなるみたいだね。
白石と緋山が喪服を着てたけど
藍沢はどうするんだろう??
藍沢と女の子とのやりとりも楽しみです



駅の将棋倒しで、スキー板が人を串刺しにするという、信じられない事故。
でも、最近、ありえないと思ってることが起こることが多々あるので
こういうことが絶対に無いとは言えないとこが恐ろしい

なんか1話、2話、3話と、どんどん話が重くなっていく気がします。

2nd seasonは、ドラマの最初と最後に、フェローのナレーションが入るんだけど
これがなんとも外国の映画っぽい。
ぴぃの抑えた語りが、すごくいいですね~
ヘッドホンでボリューム上げて聴きたい感じ。

「たとえ残酷な事実だったとしても、真実を伝えるのが医者の仕事」

ツル…もとい、松井さんに藍沢が説得する場面は、まさにこれでしたね。
低音で、落ち着いたゆっくりした口調で、説得力ありました。

この説得にいたる、ドクターたちのこそこそ話で
「おまえならどうする?」
と訪ねられて、迷い無く冷静で的確な返事をする藍沢は、
1st seasonの藍沢をちょっと思いださせました。

でも、もう助からないとわかっていながら
淡々と無表情で心臓マッサージを続ける藍沢に泣けました。
橘先生が止めなかったら、いつまでやり続けたのか。

「あなたは役立たずなんかじゃない
 あなたが2人を守ったんだ」

悲しみの表情で松井さんに語りかける藍沢。
そして、一度ひらいた胸を閉じるなんて…前の藍沢では考えられないね。


日没が近くなり、電車で帰る藍沢と白石。
電車の中で人目も気にせず泣きじゃくる白石の前にそっと立って隠してあげる藍沢…
もうここでキュンキュンですよね。
そして、遠くを見つめるその横顔
なんて美しいんだ…

ぴぃの横顔って、ほんとうにキレイだと思う。
オデコから、鼻、そして口、あごへのライン。
完璧だと思います。
少女漫画に出てくる男の子の横顔のラインだよなーっていつも思うよ。
私、ちょっと漫画書くので、よくわかるんです。


「嘘をつくなら、いっそつき通してほしい」

これは、おばあちゃんにも言えることなんだね。
藍沢パパ@リリーさんの登場で、真実が明らかになる!?

リリーさんが父親だというベタな展開は無いだろうと思ってたけど
正攻法で来ましたね~

最後のぴぃの「父さん・・・」って表情にヤラレました
ほんとうにステキ。


藍沢、ほんとうにセクシーです。
顔はやせたけど、身体は相変わらず
ユニフォーム(って言うのか?)からのぞく首筋、腕、
でも何より私は背中に色気を感じます。
適度に筋肉がのってる感じが服の上からでもわかる。
あの髪型も大成功だよね~
なんか「デキる」ってイメージだよ。


重いストーリーの中で
森本先生と藤川のやりとりが、なんとも和む
それが浮く事なく、うまく繋がってるよねえ。


テレビ誌によると
4話ではイライラ藍沢みたいですね。
なんかそういう感情をむきだしにする藍沢が想像つかなくて、楽しみです






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。